注目

当サイトについて

車がめっちゃ好きな管理人が、車のドレスアップに基本的なドレスアップパーツについて色々と情報を発信しているサイトになります。

エアロパーツ (aero parts) とは

まず初めにエアロパーツ (aero parts) とは、自動車の外装部品の一種です。エアロパーツは空気力学的な抵抗・揚力の低減、操縦性、走行安定性の向上、エンジン・ブレーキの冷却効果の増大、車体の汚れ防止などを目的としています。
車体の外部に取り付けるものがほとんどで、空力特性よりも見た目重視のデザイン性が優先される場合もあります。エアロ、空力的付加物などとも呼ばれることも。

一般用のエアロパーツとレース用のエアロパーツについて

通常では、元々の車体の空力設計が高い車両は走行する際にあまりエアロパーツは必要は無いですが、車両の揚力や乱気流、また不要な熱を生じる箇所に適切に用いればより効果を発揮する仕組みです。

昔、初代のアウディ・TTが超高速域での横転事故の多発を受けリコール扱いでリアウイングが追加された例がありますが、これもダウンフォースを増やすことが目的ではなく、空気の流速を部分的に落とし揚力を減らすのが主な目的であったと言われています。

一方で一般車と比較してレースカー等に装着されるエアロパーツの大半は、積極的にダウンフォースを得る事と空力的な走行抵抗の低減に重きを置いて設計されます。

この場合、エアロパーツの効果は低速域でも存在しますが、サスペンションや駆動系の機械抵抗などの空力以外の要素の方が影響が強くて、その効果は数値などには表れにくいとされています。しかしながら速度が上がるほど空力がおよぼす影響の比率が高くなるため、走行安定性はかなり低い速度でもエアロパーツの効果を体感できる場合があります。

また、GTレースカーのように車高を落として低重心化した上で、高速走行の為により大きなダウンフォースも得る必要がある車両の場合には、車両底部を平坦(フラットボトム化)にし、フェンダーや、ボンネットにとどまらず車両全体で統一した空力設計をする必要があります。

車両全体の空力を考えないままで一般自動車を車高調等で低重心化すると高速走行時に離対気流が発生して揚力を発生したり、後方にできる空気の渦等を適切に処理できなくなり、操縦性に悪影響を及ぼすことも考えられます。

保安面に関して

一般的にフロントスポイラーやリアバンパースポイラー等を装着すると空力効果があるように見えますが、ドラッグの低減と効率的な開口を重視したものが目的に適っていると言えます。
保安上空力的に実効的なパーツは技術的に難しいためにドレスアップ性主眼が置かれ優れている製品が多いの実際の所です。
それに対してレース用の車両は乗員の保護が考慮されているので規則で許される限りの空力設計が可能になります。

水族館

この休日に家族4人(主人と子供二人)と地元の水族館へ行って来ました。

子供は小学1年生と幼稚園の年中なのですが、今までは幼稚園の園外保育でしか水族館へは行った事がありませんでした。

ですが、夏休みの最後の休日に主人が「水族館へ行こう」と言い出し、行って来ました。

最初は普通に入館料を払って見学していたのですが「子供達も楽しそうだし、年間パスポートを買ってもいんじゃないか?」とまで言い出し、家族4人分を購入しました。

パスポートは1年間に3回行けば元が取れるのですが「3回も行くの?」と私はちょっと不安でした。

でも、この休日で既に3回目です。

来年の8月までまだまだ期間はあるのに、既に元をとってしまいました。

私達の住んでいるところは年間通してあまり天気が良くないので、雨で公園などで遊べない時は「水族館」が合言葉です。

今までは「ちょっと行こうか」と気軽なイメージじゃなかったのですが、このパスポートのおかげでひょいっと行けちゃいます。

パスポート購入後、周りのママ友に聞いたら結構みんなパスポートを購入していたんです。

この1年間、たくさん行って魚の事に興味を持ってもらい、期限が切れたらどうしようか考えなくちゃです。

新型VOXY新古車

子供の運動会

今日は我が子の幼稚園の運動会。

天気も良くて気温もちょうどいい感じ。

今年、うちの子は年長さんなので幼稚園最後の運動会。

年長さんは出番も多く組体操もあるので、始まる前から親もドキドキでした。

毎年のことなんだけれど、子供たちが行進して入場してくるだけでも感動してウルウるします。

年少さんのかわいいダンスや年中さんの競技、どれも楽しく応援した後はいよいよ年長さんの見せ場の組体操。

太鼓の「ドン」という音とともに「オー!」っと威勢のいい声が聞こえてきて、年長さんが裸足で走ってきます。
もうこの時点で感動・・・。

一人組、二人組・・・とどんどん人数も増えていき、最後は45人組。

これは学年全体の人数。

どんなことをやるのか知らされていない保護者は皆ドキドキしながら見ていました。

全員でものすごく大きなピラミッドの完成!!
会場は大歓声です。

終わった後は全員並んで「ありがとうございました!」と元気な声。

入園したばかりのときは、朝泣きながら行っていた我が子。

運動会ではとても凛々しくて、成長を感じられた1日でした。
中古車買取

秋から冬へ

こんにちわ♪
そろそろ寒くなってきたので、夏服・秋服混合クローゼットからこんどは
夏服を、とりのぞいて冬服を少しずつチョイスして、夏服・冬服混合
クローゼットにしようと思います♪♪
寒くなってきてテンションさがるけど、ブーツとかコートとか。

冬ならではのかわいい服装ができて、それはそれでうれしいのだけど。

やっぱり夏のほが暑くてすごしやすいかな、と。

でも冬服のほうがすきなんですよね♪
寒がりのわたしにとっては、ちょっと外にでるのが億劫になってしまうのだけれど
かわいいお洋服にかこまれて頑張って凄そうと思っています。

ただ、なるべく暖房費節約で厚い服をたくさん着込む考えなんだけど、
ぶくぶく着膨れやファッションにふさわしくない残念な格好にはならないように
頑張ろうと思います(^ – ^)
今年は、去年より寒くなるのかな??
手袋もぼろぼろになってきてるからかわいいの今からちょこちょこインターネット
でめぼしつけたり、帽子もかわいいのかぶろうとめぼしつけたり、わくわくが
とまりません☆
コチラ

電気自動車購入に「急速充電器」の高いハードル

私は仕事で使うために15年前に軽自動車を購入、それ以来ずっと軽に乗っています。
たいへん運転しやすく、プライベートでも使いやすいので、今のところ軽以外に替えるつもりはありません。

ただ、電気自動車(EV)については関心があります。
将来、価格がもっと下がったらEVに替えてもいいな、と考えてはいるのです。

そんな私にとって、興味深い話をラジオでしていました。
朝、仕事へ行くために車に乗っているときに聞きました。

EVが普及しない大きな原因が「急速充電器」の問題だというのです。
私がガソリンスタンドでガソリンを入れるように、EVも充電をしなければなりません。
けれど、そのための急速充電器を設置してある場所が、今はかなり少なく、限られているといいます。

ですから、充電するためには、その少ない設置場所を探して、わざわざそこまで行かなければならないのです。

これではEVが普及するはずがありません。
ただ、ここへきて、自動車メーカーが積極的に設置を増やす動きが出てきて、また、国もかなりの額の補助金を考えているそうです。

7年後には東京オリンピックもあることですし、それまでにEVが劇的に増加する、というようなことになればいいな、と思います。
そのときは私もEV導入を真剣に考えたいです。
中古車買取のおすすめの方法

アニメに感動できる自分で良かった

先日、時間が空いた為、久々にワインを飲みながら、アニメを見ました。

私は、アニメファンですが、何でもいいと言うわけではなく、作品を選ぶ方です。

アニメは、映画やドラマと同じで、話の表現方法の一つだと思っています。

ですから、映画にも、子供向け、大人向け、アクション、シリアスとあるように、アニメも自分の好きなものを選んでいるのです。

好きな作品には、お金を惜しみません。

見捨ての娯楽作品もありますが、大抵は、何度見ても感動できる作品はソフトを購入して揃えています。

最近は、時間がなく、あまり見ていなかったのですが、ソフトを再生すると、もう、涙が流れてきます。

人を想う思いは、なんて強いのだろう、そんな事を考えながら。

アニメなんて、そんな子供の見る物だと、先入観で全く見ない人もいます。

ですが、私は、自分が、そういう先入観を持つ人間でなくて、良かった、と心底思います。

アニメという表現だからできる、感動的な作品、興味深い演出など、楽しめる事が多いからです。

世界でも評価の高い、日本のアニメですが、欠点は、ソフトが高い事と、無駄にソフトがかさばる、というところでしょうか。

値段はともかく、海外を見習って、省スペース化を目指して欲しいものです。

作品が増えていくと、置き場に困るのです。
ダイハツトールの値引き金額

NHKの倫理観

かつて、と言うかこの数年の話ですがテレビではまったく報道されない特大規模の集団訴訟がありました。

訴えられたのは、NHKが放送したある番組の内容。

その内容と言うのが、戦前の日本による台湾統治で人種差別が行われたと言うものです。

いわく、台湾先住民パイワン族の人を英国博覧会で「人間動物園」として見世物にした、と。

訴訟の原告は一万人ですが、その中には番組の取材に応じた台湾人も含まれていました。

日本に対し今でも持っている肯定的な感情を、翻訳テロップとMAD編集の魔術によりさも日本に恨みや憎しみを抱いているかのように描かれて、そりゃあ怒らない筈がありません。

国際問題にならなかったのは純粋に向こうの厚意によるものです。

28日の東京高裁で、NHKに対し女性一人について100万円の賠償を命じました。

一審の地裁では原告側の訴えは全面棄却でした。

不足です。
不足ではありますが、一歩前進です。

マスコミの中の人が最悪どんな政治思想を持っていても構いませんが、そのために事実を捻じ曲げたり人を傷付けたりしても良いわけではありませんからね。
タンクの値引き情報はコチラ

久しぶりのボーリング

先日、受験生の娘を連れて、高校の学校説明会に行ってきたんです。

娘の友達親子と一緒に行き、久しぶりに昼食を一緒に食べて、さあ、帰ろうかと外に出てみると、目の前にボーリング場があったんです。

たいして受験勉強もしてないけど、ストレスは感じてる子供2人「ボーリングやりたい」
まあ、久しぶりだし良いかとボーリングをすることになったんです。

子供達も久しぶりでしたが、私も久しぶりで、なかなか当たらないんです。

でも、子供の方が勘が良いのか、徐々に当るようになり大喜びです。

そこで、本気モードになった大人チーム。

ボーリング経験は、子供達より当然あるわけで、2ゲーム目くらいから、大人チームがストライクが出るようになってきたんです。

喜ぶ大人達に子供達「大人気ないじゃん」の一言。

自分達がやりたくて始めたボーリングだったのに、どんどんテンションが下がってしまうんです。

だからといって、相手は中学生ですから、ここで負けてあげるのも大人げないと思い、全力で楽しんで圧勝で子供達に勝ってしまいました。

子供達のブーイングが止まらず、その後は、カラオケでストレスを発散させて夜まで遊んでしまいました。

明日からは、勉強頑張るという子供の言葉を信じて遊んでしまいましたが、本当に頑張れるか疑問が残りますが、久しぶりに楽しい1日でした。

ボクシーgs中古車

アメトーークの「スマホじゃない芸人」を観て

先日、私はアメトーークの「スマホじゃない芸人」というのを、とても楽しく観ることができました。

それはなぜかというと、私もスマホではなくてガラケーを使っている人間の1人だからです。

まず、会場にいた100人の女性観覧客のうち、ガラケーを使っている人はたった5人しかいないという事実に驚きました。
ガラケーはもはや超少数派になっているということを、それで改めて知りました。

そして、スマホじゃない芸人の主張は、私とほぼ一緒でしたので、テレビの前で「そうそう」と共感していたのです。

ですが、スマホを使いこなしている劇団ひとりさんやサバンナの高橋さんから、スマホに対する魅力を説明されると、素直に私はすごいと感動しましたし、そんなにガラケーにこだわる必要もないのかなと、考えを改めさせられたのもまた事実です。

最近では、一時期のスマホブームに待ったをかける形でガラケーも盛り返してきていると聞きますが、これからスマホに変えるかどうか私はとても悩んでいます。

コチラ

ダイエットで理想の身体になる!

最近運動しています。
まずは軽いランニングから始めています。

というのも、この間服を買いにいった時に、
試着室で見た自分のスタイルに絶望してしまったからです。

店内に置いている鏡は、斜めになっていたりして、スタイルが良く見えることが多いです。

でも、試着室の中の鏡は正直です。

ありのままの今を見せてくれます(泣)
今年の夏は食欲不振であまり食べられなかったから、体重も少し減りました。

でも、見た目は・・・
脂肪ではなく筋肉が減ったんでしょうね。

ダルダルのお腹、二の腕、太もも・・・
服は買わずに早々と家に帰りました。

そしてダイエットを決意しました!
ショップの販売員さんって皆さんスタイル良すぎ。

一般人なのに細いし、羨ましいです。

そんな人達にお似合いですよーとか言われても、ああどうせセールストーク、口だけだなと思います。

この客足太いなあ、とか思われてるんでしょうね・・・
可愛い服を着こなすためにダイエットします!
そのためには食事制限だけではだめというのが分かりました。

きちんと運動して、引き締まった身体になりたいです。
車の買取どこがいいのか紹介サイト

エアロガーニッシュ

グリルガーニッシュとも呼ばれる。グリル部に装着し、エンジンルーム内に進入する気流と受け流す気流を調整する。一定の冷却効果を狙ったものもある。

エアロガーニッシュは一見してドレスアップの目的のみに装着されると考えられる場合が多いが、実際にはサイドスポイラーより気流の影響を受けるエアロパーツとして知られ、各メーカーでは度重なる風洞実験を繰り返しながら設計される。
ラジエターがフロントグリル後部に設置されているタイプの自動車においては、開口部の大きさに重きが置かれ、アンダーグリル部にラジエターが装着された自動車は、ボンネット上部に風を受け流すパーツとして、その角度に重きが置かれて設計される場合が多い。

カナード

スラストスポイラーとも呼ばれる。競技用車両のフロントノーズ部の前面から側面にかけてのR部に装着し、最も空気の圧力の高い車体前部から側方に加速された気流を側方及び上方へ押しやる反作用によりダウンフォースを発生する。この部分は空気の流速の速い部分であり、大きなダウンフォースを発生する。副次的な効果としてホイールハウス内に溜まった空気が吸い出され抵抗を軽減する。
結果的にリップスポイラー部の空気の抜けが良くなるのでより地面効果を高めることができる。実用車のスピードではホイールの回転から気流を離す(車輪の上の半径は進行方向と逆に倍の速度で動くため抵抗になっている)等僅かに効果がある。
カナードはフロントの左右に装着される羽のようなもので、場合によっては人を傷つける恐れがあることから、基本的に公道では使用できない。公道で使用するにはRをつけたり縁に5r以上のゴムモールなどを巻くなどの処置をする必要がある(運輸局により解釈は違う)。