エアロパーツ@車パーツ

車大好き!な筆者が基本的なドレスアップパーツについていろいろと情報を集めたサイトです。

エアロパーツ (aero parts) とは、自動車の部品の一種。空気力学的な抵抗・揚力の低減、操縦・走行安定性の向上、エンジン・ブレーキの冷却効果増大、車体の汚れ防止などを目的とする。車体外部に取り付けるものが多く、空力特性よりもデザイン性が優先される場合もある。エアロ、空力的付加物などとも呼ばれる。

一般用エアロパーツとレース用エアロパーツ

通常、車体の空力設計が高いレベルの車両は通常に走行する際にさほどエアロパーツは必要は無いが、車両の揚力や乱気流、不要な熱を生じる箇所に適切に用いればより効果を発揮する。 アウディ・TTが超高速域での事故多発を受けリコール扱いでウイングが追加された例があるが、これもダウンフォースを増やすことが目的ではなく、空気の流速を部分的に落とし揚力を減らすのが主たる目的である。一般車に比較してレースカーに装着されるエアロパーツの大半は、積極的にダウンフォースを得る事とドラッグ(空力的な走行抵抗)の低減に重きを置いて設計される。
エアロパーツの効果は低速域でも効果は存在するが、サスペンションや駆動系の機械抵抗などの空力以外の要素の方が影響が強く、数値などには表れにくい。しかし速度が上がるほど空力がおよぼす影響の比率が高くなる。走行安定性はかなり低い速度でも体感できる場合がある。
GTレースカーのように車高を落として低重心化した上で、高速走行のために、より大きなダウンフォースも得る必要がある車両には、車両底部を平坦にし(フラットボトム化)、フェンダーや、ボンネットにとどまらず統一した空力設計をする必要がある。全体の空力を考えないまま一般自動車を車高調等で低重心化すると高速走行時に離対気流が発生して揚力を発生したり、後方にできる空気の渦等を適切に処理できなくなり、狙いとは逆にドラッグを大きくして操縦性に悪影響を及ぼすこともある。

保安面

一般的にフロントスポイラーやリアバンパースポイラー等を装着すると空力効果があるように見えるが、ドラッグの低減と効率的な開口を重視したものが目的に適っていると言える。 保安上空力的に実効的なパーツは技術的に難しいためにドレスアップ性主眼が置かれ優れている製品が多い。対してレース用の車両は乗員の保護が考慮されているので規則で許される限りの空力設計が可能である。