注目

当サイトについて

車がめっちゃ好きな管理人が、車のドレスアップに基本的なドレスアップパーツについて色々と情報を発信しているサイトになります。

エアロパーツ (aero parts) とは

まず初めにエアロパーツ (aero parts) とは、自動車の外装部品の一種です。エアロパーツは空気力学的な抵抗・揚力の低減、操縦性、走行安定性の向上、エンジン・ブレーキの冷却効果の増大、車体の汚れ防止などを目的としています。
車体の外部に取り付けるものがほとんどで、空力特性よりも見た目重視のデザイン性が優先される場合もあります。エアロ、空力的付加物などとも呼ばれることも。

一般用のエアロパーツとレース用のエアロパーツについて

通常では、元々の車体の空力設計が高い車両は走行する際にあまりエアロパーツは必要は無いですが、車両の揚力や乱気流、また不要な熱を生じる箇所に適切に用いればより効果を発揮する仕組みです。

昔、初代のアウディ・TTが超高速域での横転事故の多発を受けリコール扱いでリアウイングが追加された例がありますが、これもダウンフォースを増やすことが目的ではなく、空気の流速を部分的に落とし揚力を減らすのが主な目的であったと言われています。

一方で一般車と比較してレースカー等に装着されるエアロパーツの大半は、積極的にダウンフォースを得る事と空力的な走行抵抗の低減に重きを置いて設計されます。

この場合、エアロパーツの効果は低速域でも存在しますが、サスペンションや駆動系の機械抵抗などの空力以外の要素の方が影響が強くて、その効果は数値などには表れにくいとされています。しかしながら速度が上がるほど空力がおよぼす影響の比率が高くなるため、走行安定性はかなり低い速度でもエアロパーツの効果を体感できる場合があります。

また、GTレースカーのように車高を落として低重心化した上で、高速走行の為により大きなダウンフォースも得る必要がある車両の場合には、車両底部を平坦(フラットボトム化)にし、フェンダーや、ボンネットにとどまらず車両全体で統一した空力設計をする必要があります。

車両全体の空力を考えないままで一般自動車を車高調等で低重心化すると高速走行時に離対気流が発生して揚力を発生したり、後方にできる空気の渦等を適切に処理できなくなり、操縦性に悪影響を及ぼすことも考えられます。

保安面に関して

一般的にフロントスポイラーやリアバンパースポイラー等を装着すると空力効果があるように見えますが、ドラッグの低減と効率的な開口を重視したものが目的に適っていると言えます。
保安上空力的に実効的なパーツは技術的に難しいためにドレスアップ性主眼が置かれ優れている製品が多いの実際の所です。
それに対してレース用の車両は乗員の保護が考慮されているので規則で許される限りの空力設計が可能になります。

ダイエットで理想の身体になる!

最近運動しています。
まずは軽いランニングから始めています。

というのも、この間服を買いにいった時に、
試着室で見た自分のスタイルに絶望してしまったからです。

店内に置いている鏡は、斜めになっていたりして、スタイルが良く見えることが多いです。

でも、試着室の中の鏡は正直です。

ありのままの今を見せてくれます(泣)
今年の夏は食欲不振であまり食べられなかったから、体重も少し減りました。

でも、見た目は・・・
脂肪ではなく筋肉が減ったんでしょうね。

ダルダルのお腹、二の腕、太もも・・・
服は買わずに早々と家に帰りました。

そしてダイエットを決意しました!
ショップの販売員さんって皆さんスタイル良すぎ。

一般人なのに細いし、羨ましいです。

そんな人達にお似合いですよーとか言われても、ああどうせセールストーク、口だけだなと思います。

この客足太いなあ、とか思われてるんでしょうね・・・
可愛い服を着こなすためにダイエットします!
そのためには食事制限だけではだめというのが分かりました。

きちんと運動して、引き締まった身体になりたいです。
車の買取どこがいいのか紹介サイト

エアロガーニッシュ

グリルガーニッシュとも呼ばれる。グリル部に装着し、エンジンルーム内に進入する気流と受け流す気流を調整する。一定の冷却効果を狙ったものもある。

エアロガーニッシュは一見してドレスアップの目的のみに装着されると考えられる場合が多いが、実際にはサイドスポイラーより気流の影響を受けるエアロパーツとして知られ、各メーカーでは度重なる風洞実験を繰り返しながら設計される。
ラジエターがフロントグリル後部に設置されているタイプの自動車においては、開口部の大きさに重きが置かれ、アンダーグリル部にラジエターが装着された自動車は、ボンネット上部に風を受け流すパーツとして、その角度に重きが置かれて設計される場合が多い。

カナード

スラストスポイラーとも呼ばれる。競技用車両のフロントノーズ部の前面から側面にかけてのR部に装着し、最も空気の圧力の高い車体前部から側方に加速された気流を側方及び上方へ押しやる反作用によりダウンフォースを発生する。この部分は空気の流速の速い部分であり、大きなダウンフォースを発生する。副次的な効果としてホイールハウス内に溜まった空気が吸い出され抵抗を軽減する。
結果的にリップスポイラー部の空気の抜けが良くなるのでより地面効果を高めることができる。実用車のスピードではホイールの回転から気流を離す(車輪の上の半径は進行方向と逆に倍の速度で動くため抵抗になっている)等僅かに効果がある。
カナードはフロントの左右に装着される羽のようなもので、場合によっては人を傷つける恐れがあることから、基本的に公道では使用できない。公道で使用するにはRをつけたり縁に5r以上のゴムモールなどを巻くなどの処置をする必要がある(運輸局により解釈は違う)。

リアウイングスポイラー

リアウイングスポイラーは車体後方上部に装着し、後方にできる渦の発生を抑え、スムーズに気流を受け流す整風効果を持ちます。

さらにリアウィングはダウンフォースにより主に後輪のグリップ力を増大させる効果が期待できます。

後部ガラス上端部にスポイラーを設けるのが最も整風効果が高いとされているが、スタイリッシュ感を強めるためにトランクリッドの縁に設けられることが多い。主にスポーツ系の車両に装備されるものだが、小型のものはセダン系にも装着されることがある。ブレーキランプの一つ、ハイマウントストップランプを内蔵することもある。

空力的な効果は車体上部の気流が流速の遅い下面からの気流と合流する際に、ボディ後端を下向きに吹き降ろすことで揚力が発生するのを防ぐことである。同時に車体下面の気流を加速し、車体後方に発生する渦は小さくなる。

しかし実際に効果を発揮するにはリアスポイラーまできれいに気流を導く必要があり、高速時においてスポーツカーならば出来の良い標準装着のスポイラーで効果を体感できると言われているが、セダンタイプであればスポイラーの形状をリッドより極端に突出するかフラップ状に整形しないと実効的と言えない。

R32型GT-Rに標準の大型Rスポイラーにおいてさえもトランクからの高さが不足しており、大型化に見合う程のダウンフォースを発生しなかったためトランクリッド端にフラップを追加したというエピソードがある。これはR32登場当世に高性能を誇示する大型のRスポイラーの高さが認知される限界の高さだったため。

大型リアウイングを装着する場合は構造変更申請が必要となる場合もあるが、スポーツカーやラグジュアリーカー等のオーナーの中には、そうと知らずに装着している者も多く、度々話題になる。メーカー純正のリアスポイラーには構造変更申請が不要な物が多い。社外品でも翼端板をr5以上のものにし鋭利な角をなくしてから全幅の片側16.5センチ以内に装着する、翼端板を大きくし、車体との間が2センチ未満とする等、合法化する手段はある。メーカーによっては車種専用に取り付け幅を設定し車検対応品として売り出しているものもある。

サイドスポイラー、リアアンダースポイラー、テールゲートスポイラー等

サイドスカート

サイドスカート、サイドステップ、サイドシルプロテクター(主に日産純正部品)とも呼ばれます。両サイド(ドア下部分)に装着し、車体横に流れ込む風を効率よく後部に受け流す。

リアアンダースポイラー

リアハーフとも呼ばれます。リアバンパーの形状を最適化し、後方にできる渦の発生を抑え、スムーズに気流を受け流す役割があります。
リアバンパーと一体式になったものは「リアバンパースポイラー」と呼び、リアバンパー下部に装着するものを「リアハーフスポイラー」「リアスカート」などと呼ぶ事もあります。

テールゲートスポイラー

テールゲートスポイラーを装着したシビック
ルーフウイングとも呼ばれる。ハッチバック車の後部ガラス上端部にスポイラーを設けるものである。ブレーキランプの1つ、ハイマウントストップランプを内蔵することもある。ハッチバック車の後部は大きな窓ガラスで占めているが、整風効果により降雨時の後方視界の確保に効果的に作用する。

リヤデフューザー

車体下部を通る風をバンパー下部から効率良く抜くことにより、地面効果の作用を強めようとする整風板。レースカーでは様々な工夫が見られる箇所であるが、市販車程度の車高があると地面効果は働かず、市販車ではドレスアップパーツに過ぎないものが多いが、車体下部の整流は空気抵抗の削減と風切り音低減に効果がある。

フロントスポイラー

フロントエアダムという方もいますが、主に、車体下面への空気の流入を抑制して、揚力を低減するための部品になります。

フロントバンパーと一体式になったタイプのものは「フロントバンパースポイラー」と呼ばれ、フロントバンパー下部に装着するタイプのものを「フロントアンダースポイラー」「フロントハーフスポイラー」「リップスポイラー」「チンスポイラー」「出っ歯」などと呼ばれています。

フロントスポイラーを装着した場合、そこにウインカーなどの重要保安部品が付いていた場合、オーバーハング規定というものが採用され、その最低部が最低地上高となる場合が多いが、何も着いていなかったり、リップスポイラーなどの場合その規定が当てはまらないため最低地上高の対象外となることがあります。

離対気流等、車体進行方向前方から気流を最も受けるパーツになります。

フロントスポイラー、サイドスカート、リアスポイラーの3つを合わせてフルエアロと呼ばれています。