怖い世の中だと思ったこと。

今の世の中、画像を取り、うっかりそれを他人に渡してしまったり、
ネットにあげてしまうとあっという間に拡散されて大変なことになることがよくあります。

本人に悪気はなくて、画像を消したとしても、誰かが保存していればそれは未来永久にネットの世界をずっと漂う事になります。

先日の女子高生ストーカー殺人事件もそうでした。

この場合は明らかに犯人に明確な悪意があってネットに彼女の卑猥な動画や画像を
流したのですが、娘を持つ親としては本当にやりきれないです。

行為自体を動画や画像に録画すること自体が私には考えられませんが、
それでも恋人同士の間で了承していればそういうこともあるのでしょう。

ですが、やはりこういうことも誰にでも起こりうる事、決して特別ではないという危険性については子供には重々言っておきたいです。

本人がネットにあげなくても、端末を落としてしまう可能性もあるし、
一度広がれば、もうそれをなかったことにするのは難しいです。

今回亡くなったというだけでもショックは大きいのに、こうして娘のあられもない姿を他人に世界中にばらまかれてしまった親御さんの気持ちを思うと本当にどれほど
お辛いかと思います。

怖い世の中だからこそ、自衛するしかなく、その場の感情に流されず、決して軽率な行動をしないようにしなければならないと子供達には伝えたいです。

冷凍庫の中に溢れるバニラのカップアイス

私はカップタイプのアイスが大好きです。

毎日食べても飽きないくらいアイスが好きで、いつも冷凍庫の中をアイスだらけにしています。

冷凍庫を覗くと、冷凍食品よりもアイスの方が多いのだから笑ってしまいます。

安い時に買っておき、いつでも食べられるようにしておかないと落ち着かないのです。

特に好きなフレーバーは王道のバニラ。

やっぱりバニラのミルク感はシンプルでやみつきになりますね。

抹茶やストロベリーなどの他のフレーバーも好きなのですが、バニラだけは格が違います。

他のフレーバーは何度か食べると飽きてしまいますが、バニラはなぜか飽きがこないん「です。

シンプルなんだけど癖になる。

しかもバニラのカップアイスっていろいろなメーカーから出ているから、それぞれのバニラを楽しむことができて口の中が楽しくなります。

アイスを買う時はなるべく違うメーカーのバニラアイスを買って、味の違いを確認しながら食べます。

私はかなりの甘党なので、甘いバニラ味だととても嬉しくなってしまいます。

ある雨の日

その日は午後から天気が荒れると言うので、朝からご飯も食べずに急いで畑の野菜を網で覆っていた。

なんとか母と二人で作業を終える頃、ぎりぎりに雨が降り出してきて慌てて家に帰ってきた。

その後、雨が強くなってきたものの、思ったより風は強くなくてホッとした。

うちはめったに浸水する場所ではないから風のほうが要注意だ。

古い家なのでミシミシときしんで超怖いし、後片付けも大変だ。

そんなわけで、雨が降っている間はゆっくりと家で過ごそう。

そう思っていたら、突然電話が鳴った。

従姉がこんな日なのにわざわざタケノコを持ってくるという。

なんでやね~ん!
なんでこんな日にタケノコを持ってくるんじゃ~!
と私がボヤくと、母いはく「今日タケノコ堀りに行ったからだろ?」って。

だから、なんで天気が悪い日にタケノコを取りに行くんだって言いたいわけ。

全くおちおちとゆっくりとできやしないと内心文句をたれていたが、従姉からお土産にと、別の叔母から従姉経由で美味しい巻き寿司をもらったので、とりあえず良しとする。

割れながらゲンキンなものだが、おかげで1食ういてよかった。

1日のうれしさ!

今日はとてもお仕事がはかどる日でした。

最近、思うようになったのは仕事に恵まれていたなとのことです。

出産前は朝からきちんと会社へ行きちゃんと働き、夜はデートだったり飲み会に行ったりしていたけど、子供を産んでからだとなかなか会社には行けないものだし、子育てでそれどころではなくなる。

まあ、そういうところだと男はずるいなと思っちゃいますよね。

背負う負担は違うけど、何だかいつも男が得してるような気もしますが、そんな子育てしかできなかった私にもいろいろなお仕事が入るようになりました。

特に子育てをしながら、できる仕事ばかりで本当にありがたいですね。

例えば内職であったり、翻訳であったり、パソコンでちょっとしたポイントをためたり面白い世界が広がってきたようでとても嬉しくなります。

主人のお給料い比べて見れれば大したものではないでけれど、仕事もして、子育てもして、家事も毎日していて、何だか1日があっという間にすぎてとても充実した1日のような気がして嬉しくなる。

これからも頑張らなくちゃ!と思いながら、無理しない程度で!