サイドスポイラー、リアアンダースポイラー、テールゲートスポイラー等

サイドスカート

サイドスカート、サイドステップ、サイドシルプロテクター(主に日産純正部品)とも呼ばれます。両サイド(ドア下部分)に装着し、車体横に流れ込む風を効率よく後部に受け流す。

リアアンダースポイラー

リアハーフとも呼ばれます。リアバンパーの形状を最適化し、後方にできる渦の発生を抑え、スムーズに気流を受け流す役割があります。
リアバンパーと一体式になったものは「リアバンパースポイラー」と呼び、リアバンパー下部に装着するものを「リアハーフスポイラー」「リアスカート」などと呼ぶ事もあります。

テールゲートスポイラー

テールゲートスポイラーを装着したシビック
ルーフウイングとも呼ばれる。ハッチバック車の後部ガラス上端部にスポイラーを設けるものである。ブレーキランプの1つ、ハイマウントストップランプを内蔵することもある。ハッチバック車の後部は大きな窓ガラスで占めているが、整風効果により降雨時の後方視界の確保に効果的に作用する。

リヤデフューザー

車体下部を通る風をバンパー下部から効率良く抜くことにより、地面効果の作用を強めようとする整風板。レースカーでは様々な工夫が見られる箇所であるが、市販車程度の車高があると地面効果は働かず、市販車ではドレスアップパーツに過ぎないものが多いが、車体下部の整流は空気抵抗の削減と風切り音低減に効果がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です